東新宿の居酒屋、万づ(まんづ?よろづ?)

この日の仕事は、大久保にある法務局で終えたので、新大久保辺りまで少し歩いてその日の居酒屋探し。

 

新大久保駅の周辺には韓国料理店をはじめ、外国料理の飲食店が多いのですが、明治通りに近づくにつれて普通の居酒屋の数が逆転します。

とりあえず、1軒の居酒屋さん「万づ」が目に留まり、お疲れ様タイムでサワーなどが200円ということで入ってみることにしました。

「万づ」…なんて読むのでしょう?まんづ?よろづ? 「万」を「よろ」と読むのなら、よろ「ず」となるはずで…わかりません。

 

まずは、レモンサワーにこの日のオススメ、サーモンの刺身を注文。

そして、牛スジの煮込みを追加。

あ…赤い…。

辛いものが苦手なので、失敗したかも…と思いつつ、食べてみると、予想に反してほとんど辛さは感じません。

とても美味しい。

 

食欲に火がついて、メニューを読み込むと最後に「ナポリタン」の文字。

実は、前日に中野のカラフルでハンバーグナポリタンを食べたばかりでしたが、居酒屋のナポリタンが気になったので注文してみた。

ついでにハイバールも追加して…

食べていくうちに、なぜか汗が流れてきた。

さっきの牛スジの煮込みのせいか…?と思ったのですが、通常、辛いものを食べるとすぐに大量の汗が流れ出てくるので、そのせいではなさそう。

では…まさか…このナポリタンにタバスコが入っている…??

辛さは感じませんが、体内の超敏感な唐辛子センサーがはたらいて、どんどん汗が流れ出てきます。

 

時々、あるんですよね、タバスコ入りのナポリタンが供されることが。

もしかして、ここも…??(未確認です)